精力剤に含まれる主な成分と効果を理解しよう

精力剤と一括りにいっても、実際には様々な目的で複数の成分を組み合わせて配合されています。

自分にとって最も適した精力剤を見極めるためには、具体的にどのような成分が役立つのか知っておくと良いです。

男性の勃起と一酸化窒素の関係が深いと知っておくと分かりやすい

男性が視覚や聴覚・触覚により性的な刺激を受けると体内で血中一酸化窒素濃度が上昇し、男性器でcGMP(環状グアノシン一リン酸)が急激に増産されます。

cGMPの血管拡張作用により、ペニスに大量の血液が流れ込むことで勃起が起こるわけです。

しかし、勃起したままの状態は心臓に負担をかけるので、cGMPを壊す作用を持ったPDE5酵素が体内に放出されて勃起が収まるわけです。

勃起が身体的な運動機能とされる理由は、体内の一酸化窒素濃度とPDE5濃度により勃起がコントロールされているからであって、精力増強とは無関係です。

バイアグラにも含まれるシルデナフィル

シルデナフィルは、バイアグラに含まれる成分として本来は狭心症治療薬として開発されていました。

体内にシルデナフィルが取り込まれると、PDE5の生成を阻害する役割を持つので、結果的に体内でのcGMP濃度が高まり勃起が持続するわけです。

ED患者の場合には、最初からcGMP濃度が低いためにPDE5が体内で多い状態となってしまい、性的興奮を覚えても勃起しません。

シルデナフィルが体内にある数時間は、cGMP濃度が相対的にPDE5よりも多くなり、勃起が持続するわけです。

非医薬品に含まれる精力剤の成分は種類が多い

非医薬品に含まれる精力剤には、強壮剤と強精剤がありますが、具体的な成分名で記載されているとは限りません。

マカやトンカットアリのように、生薬の名称がそのまま用いられていることがある理由として、複数の成分が働きやすい割合が存在するからです。

精力剤に含まれる成分として有名なものは、以下のように多数存在しまする

  • L-アルギニン
  • L-シトルリン
  • 亜鉛
  • トンカットアリ
  • マカ

では、それぞれの成分は具体的にどのような効果があるのでしょうか。

L-アルギニンとL-シトルリン

精力剤の中でもL-アルギニンとL-シトルリンは、強精剤とペニス増大サプリに共通して含まれることが多いアミノ酸です。

体内で精力剤として働くのは、L型と呼ばれるアミノ酸のみであって、L-アルギニンとL-シトルリンは体内で相互に変換する関係にあります。

L-シトルリンは、体内に入るとL-アルギニンに変換されて体内で一酸化窒素放出と成長ホルモン分泌促進作用を持つわけです。

体内で一酸化窒素が放出されると、cGMP濃度が高まるためにペニスが勃起する状態を引き起こします。

血管拡張作用により、毎日服用することで血中濃度が一定以上に保たれて常に半勃起状態が継続し、ペニス増大サプリとしての効果を発揮します。

L-アルギニンは、強アルカリ性のために直接服用すると中和成分が含まれない限り胃もたれを起こしかねません。

L-シトルリンという形ならば、体内でL-アルギニンに変わるので、胃もたれを起こさずに取り込むことが可能です。

亜鉛

男性の精液には1回の射精あたり1mg~3mg程度の亜鉛が含まれています。

精巣で精子が作られる際に大量に亜鉛が必要とされることから、精力剤として亜鉛を含めることで精子生産量を引き上げる効果が期待可能です。

亜鉛を含む食品を多く食べることも出来ますが、日本人の食生活からは亜鉛不足が懸念されているので、精力剤として亜鉛を含めれば精力増強効果を期待出来ます。

しかし、亜鉛サプリメントとして大量に摂取してしまうと、精液量が増える以上に過剰摂取になりかねません。

そこで、精力剤では1日量を計算して精力増強剤として適正な範囲に留めています。

トンカットアリ

トンカットアリが精力剤に含まれる理由として、男性ホルモンとして知られるテストステロンの分泌促進作用を持つ数少ない成分だからです。

天然植物でありながら、テストステロンの分泌促進が出来れば、勃起力改善と精子の生成に大いに役立ちます。

体内でのテストステロン分泌促進を行うわけですから、体外から合成されたテストステロンを入れる場合とは異なり副作用の心配がありません。

体外から合成したテストステロンを強精剤により服用すると、長期連用によりテストステロン内分泌が弱くなる可能性があります。

トンカットアリが優れているのは、体内で生み出すテストステロンの量を引き上げるだけであって、体外から強精剤により入れられるテストステロンの作用を妨げない点です。

マカ

南米ペルー原産のマカは、精力剤の原材料として広く知られている植物です。

アルギニン・亜鉛・ミネラル・アミノ酸が豊富に含まれており、身体全体の機能向上に役立つ強壮剤としての役割に加えて、強精剤としての成分も含まれています。

アルギニン含有量はクラチャイダムの方が多いですが、入手性の良さから広く精力剤に配合されているわけです。

精力剤は成分の組み合わせで選ぶと良い

精力剤を選ぶ際には、成分の組み合わせ次第で勃起力向上のみに作用するのか、精液量増大や活力アップにも繋がるのかといった点で違いがあります。

L-シトルリン含有製品ならば、ペニス増大効果を期待出来るので、利用目的に合う成分が本当に含まれているのか確認して選ぶと良いです。

関連記事