精力剤にはどのような副作用があるのか調べてから使う必要がある

精力剤として市販されていたり処方薬として出される製品の中には、一部副作用が含まれるものがあります。

医薬品として開発された精力剤の中には、効果が高い代わりに副作用も体感出来るほど強いケースがあるので注意しなければなりません。

精力剤の副作用は医薬品に注意する

精力剤には様々な種類があり、強壮剤・強精剤といった一般的な精力剤だけでなく、ペニス増大サプリや媚薬といったものから広い意味ではED治療薬まで含みます。

しかし、最も注意しなければならないこととして、精力剤には

  • 医薬品としての性ホルモン剤やED治療薬
  • 非医薬品のサプリメント

といった分類があります。

医薬品として承認を受けるためには、臨床試験により有効性と副作用が確認された状態で審査を受けて突破しなければなりません。

即効性が高い医薬品だからこそ、強い薬ゆえに副作用が起きた時には重篤化する可能性も考えなければならないわけです。

なぜなら、薬として開発される過程ではバイアグラのように本来は狭心症の薬として開発されていた時に、副作用として勃起してしまうことから副作用がメインの薬効として登録されるに至ったからです。

ED治療薬として開発されたわけではなく、副作用がたまたま強い勃起作用であったために、副作用が主成分となったバイアグラでは狭心症としての薬効も一部存在します。

心臓病を抱えている人に対してED治療薬が処方出来ない理由として、心臓に負荷をかけるという副作用が出やすいからですが、本来の作用が出ただけという味方もあります。

非医薬品のサプリメントなら副作用は気にする必要なし

非医薬品としてのサプリメントならば、即効性が無いことと医薬品ほどの急激な薬効が現れません。

副作用を気にする必要が一般的な使用については特に気にする必要が無い点は、健康食品としてサプリメントが販売されている点からも明らかです。

いくら身体に良いからといって、同じ食品ばかりを過剰摂取したら体調を崩してしまうように、精力剤サプリメントも過剰摂取をしない限りは健康食品と同じ括りで考えられます。

精力剤の中でも非医薬品のサプリメントとして販売されているのは、強壮剤と強精剤の一部となっているので、体質改善を行い健康を取り戻す役割を担っています。

非医薬品のサプリメントは、即効性を持っているわけでは無いので、用法用量を守ってさえいれば副作用を気にする必要はありません。

3倍量を服用したからといって、精力剤サプリメントならば勃起力に大きな違いが出るわけでは無いからです。

医薬品の精力剤は医師から副作用の説明を受ける

医薬品として処方箋が必要な精力剤は、医師の診察が必要となるので処方箋記載時に医師から処方薬に関する副作用説明を受けなければなりません。

臨床試験が行われた際には、医薬品として認可を受けるために詳細な治験が行われるので、副作用については全て説明書に記載されています。

医師は副作用についての説明と患者の経過観察が必要となるので、具体的な副作用について告知する義務があるので、面倒に思わず耳を傾ける必要があります。

ホルモン剤配合の医薬品強精剤

ホルモン剤が配合されている医薬品としての強精剤には、勃起力を高める作用が含まれていますが、同時にペニスや睾丸に対して長期間の服用では萎縮効果が副作用として表れます。

なぜなら、男性ホルモンを外部から取り入れることにより、更年期障害を改善したり精力増強作用をもたらしますが、体内で作らなくても良いと体が勘違いしてしまうことがあるからです。

勃起力が高まり精力増強をしたつもりであっても、長期連用を避けなければホルモン剤に頼り切りになるリスクがあると知っておく必要があります。

ED治療薬を服用する場合は特に副作用に注意

広い意味での精力剤の中には、セックスを行うために勃起作用をもたらすことからED治療薬を含む考え方があります。

バイアグラやレビトラといったED治療薬は、血中濃度が一定水準以上の時に勃起を止めさせる成分を阻害する動きをもたらすので、血管拡張作用のみが強く残ってしまう副作用が生まれやすいです。

血管拡張作用は、頭痛やめまいを原因として吐き気を催すこともあり、ED治療薬の処方量が多すぎる場合には特に副作用が顕著となります。

ED治療薬は、元々狭心症治療薬として開発が進められていたバイアグラが基になっているので、血管拡張作用をもたらすことが広く知られています。

副作用を主な薬効として開発修正をしたために、本来の薬効が副作用として出やすくなることから、処方薬として医師の診察と管理が必要となりました。

複数の精力剤を併用する際は医師に相談しよう

ED治療薬単体では、勃起はしても性欲の高まりとは無関係なために、強精剤と併用するケースが少なくありません。

複数の精力剤を併用する際に医薬品が1つでも含まれているならば、事前に医師に相談して重篤な副作用が出ないか確認しておく必要があります。

精力剤によりセックスを楽しみたいと考えている人が、精力剤のために身体を壊してしまったのでは意味がありません。

関連記事